岡山県のタカラ産業は、リフォーム、オリジナル施工やオリジナル商品など、環境保全と住まいに役立つ会社を目指しています。

TOP PAGE
>
リフォームの実例
>
FRS工法
>
建物外壁Ⅱ

建物外壁Ⅱ  FRS工法

施工前

 

  

  築10年前後になるお宅の西面外壁です。

  壁面中央に黒い汚れが。。。

  西日がよく射すこんな場所でもカビは繁殖する

  ことがあります。

 
施工後

   

   

   FRS工法によって黒い汚れが消え、さっぱり

   しました。

 FRS工法は目に見えている汚れの部分だけでなく、

 見えないカビもまとめて根絶することができます☆

 

 

  

  壁面にカビがいるかを調べるため、検査キットを使って

  壁面の黒く汚れた部分にいる微生物の数を測定します。

  綿棒のような採取キットを回転させながら、採取キットの

  先端でまんべんなく採取します。

  

 
 

   

   

  採取キットを専用の測定機に入れ微生物の数を

  測定。その結果、壁面には36,157個の微生物が

  いることがわかりました。微生物の数が10,000個

  以上になるとその場所でカビが繁殖していると

  考えられます。

  つまりこの黒い汚れにもカビが潜んでいるの

  です。。。

 

 

  

  窓のサッシにどんなカビが生息しているのかを

  突きとめるため、寒天培地にカビをつけて採取

  します。採取した培地は専門の研究機関に培養を

  依頼し、できたコロニー(カビの集団)を確認、

  カビの種類を同定します。

 
 

   

   

 

   培養の結果、この窓サッシには2種類のカビが

 生息していることがわかりました。

   白い綿のようなカビがリゾープス属

   (クモノスカビ)、黒っぽい点のようになっている

   カビがクラドスポリウム属(クロカワカビ)です。

 このように、FRS工法は現場に潜むカビを

 突きとめ、それを根絶するのです☆

   

施工前

 

  壁面窓サッシ。黒い汚れがポツポツと広がって

  います。

  上記の通り、この汚れにはクラドスポリウムと

  リゾープスというカビが含まれていることが

  わかりました。一見カビが発生しそうにない

  金属製のサッシにも、雨粒や結露した水滴を

  足がかりにしてカビが発生してしまう事も

  有るのです。。。

 
施工後

 

 FRS工法でカビがきれいに落ち、ピカピカの

 サッシが蘇りました☆

 FRS工法は金属、コンクリート、漆喰、木材

   などの材質と汚れの種類に合わせて適切な

   薬剤を選んで施工するので、様々な材質に潜む

   カビや汚れに対応できるのが大きなメリット

   です!

 

 

施工前

 

  

 建物南面の塀。風雨に曝され、雨だれのような黒い

 汚れがついてしまっています。。。

 
施工後

 

 

 

 FRS施工はカビ・汚れの状況に応じて複数の洗剤を

 使い分けるので、カビや水垢の混じった汚れでも

 この通り綺麗にすることができます☆

 

 
担当者より

 

 カビの種類は約8000種と言われており、大変奥の深いものであります。

 カビ(微生物)の数は、ATPふき取り検査という方法で測定できますので、黒くなっている部分が生物なのか、

 単なる汚れなのかは現地で知ることができます。しかし、それがどのようなカビ菌なのかを知るには、

 採取して培養し、同定するしかないのです。

 このO様邸に発生していたカビは、クラドスポリウムとリゾープスの2種類である事が後にわかりました。

 一般的に住宅に多く見られるカビで、それぞれ「クロカワカビ」、「クモノスカビ」と呼ばれているものです。

 喘息などのアレルゲンとしても問題視されている真菌であるという事ですので、写真の通り

 早めにサニテーションできて何よりでした。

 夕方帰宅されたお客様は、あまりの変化にびっくりされて、次の日「感謝、感激です」とお言葉をいただきました!

                                                                                                                          担当:河本