岡山県のタカラ産業は、リフォーム、オリジナル施工やオリジナル商品など、環境保全と住まいに役立つ会社を目指しています。

TOP PAGE
>
リフォームの実例
>
キッチンリフォーム
>
季節を楽しむ家

季節を楽しむ家

 

 

  <<施工前>>              <<施工後>>             

 

 

 

 

  キッチンとダイニングスペースの間には大きな段差が。

 

 

 

 

大きな段差は既存のまま残し、ご希望の薪ストーブを設置。 縁側風に腰かけて座ることもできます。 

 

 

  <<施工前>>              <<施工後>>              

 

 

L型のキッチン。

できあがった料理を運ぶにも段差の上がり下がりが

大変でした。                           

 

 

 

 キッチンをテーブルに手の届く位置に配置。                            たくさん料理を作っても大丈夫です。                     また、キッチン廻りは清掃性を上げるために

ホーローのキッチンパネルで仕上げています。

ガス横の窓はなくし、天窓で明るさを確保。                              天井撤去により出てきた梁をみせて            アクセントに。                                                                                                                              

 

 

  

 

 

 

第2の玄関になっていた勝手口。

 

 

 

 

 

土間スペースはタイルで仕上げているので、土足でも

気にせず使え、ストーブの掃除もしやすくなりました。

踏み段を設け上がりやすくしています。

また窓からはお手入れされたお庭が見え、

季節の移り変わりを感じられます。

 

 

   

廊下への出入り口。

 

 

 

 

 

既存の建具は雰囲気に合わせてそのまま使用。

思い出もそのまま引き継いで、

 

 

 

 

担当者より

 
 お料理上手な奥様の使い勝手を考えてキッチンの場所を変更。段差なく横移動で作業ができる配置にしました。

キッチン自体の間口は狭いですが家事らくシンクの採用でスペースを増やして使え、またレミューのキャビネットで

収納力もたっぷり。共働きのご家庭でもあるので、ホーローやレンジフードの掃除のし易さはポイントになりました。

 ご希望の薪ストーブは土間に設置。汚れを気にすることなく楽しめます。

窓から見えるお庭には季節の花や木があり、春にはテーブルやカウンターにお花を飾って、

夏にはひんやりしたタイルの土間でワンちゃんも一緒に涼しく、秋には色づいた景色を感じ、冬には雪を見ながら

ストーブを皆で囲んでピザを焼いたり、季節を感じながら楽しく過ごせるプランにしました。     

 

                                               担当:春名