岡山県のタカラ産業は、リフォーム、オリジナル施工やオリジナル商品など、環境保全と住まいに役立つ会社を目指しています。

TOP PAGE
>
リフォームの実例
>
トイレリフォーム
>
和式トイレから洋式トイレへⅠ

施工例    和式トイレから洋式トイレへ

 

 

 

 

施工前は段付きのトイレでした。

築25年で、和式兼用タイプのトイレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内装の壁材は、アルフォレストという化粧パネルを施工させていただきました。

 

 

壁・床・天井の色合いについては、弊社SRにて打ち合わせさせていただきました。

 

施主様は床材がグレーで、手洗器付の収納キャビネットの扉カラーはブラウンがいいと

打ち合わせ前に言われていましたので、それに合うように壁と天井のカラーを決めました。

 

SRでの打ち合わせ当日は、3Dで部屋の中の器具やカラーを決めていきました。

 

 

1面のみ柄の入ったパネルを施工することで、スタイリッシュな空間になりました。

 

 

 

 

 便器の右横についているのは、可動式の手すりです。

 

 必要のないときには、壁側に折りたたむことができます。

 今回のようにトイレに手すりを取付けさせていただくケースはよくあります。

 取付けの際には、事前にお客様とよく打ち合わせをし、

 どこの位置にあるのが一番使いやすいのかを明確にし、施工させていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

工事中は大変お世話になりました。

お引渡しのときに、すごくかっこよくなった!!ありがとう。とお褒めのお言葉をいただきました。

これからもお客様のご期待に添えるよう頑張ります!!              担当:末長・今村