岡山県のタカラ産業は、オリジナル施工やオリジナル商品など、環境保全と住まいに役立つ会社を目指しています。

TOP PAGE
>
リフォームの実例
>
店舗改修
>
店舗改修実例Ⅰ

施工例  店舗改修 和風小料理店からショットバーへのリノベーション

 

施工前

 

 壁・天井も白系のクロスで、蛍光灯によって明るく

 照らされた店舗内部。バーとして改装するため、

 この状態から照明や内装を変えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

施工後

   

  

 濃い茶とグリーンを基調としたシックなボトルラックと

 背面カウンターを設置し、LEDバーを各所に使って

 間接照明の効果を図りました。

 明るすぎず暗すぎず、バーテンダーの方の作業に

 支障なく、お客様に落ち着いた雰囲気を味わって頂く

 事にこだわりました☆

 

 

 

施工前

 

 店舗内壁面の一部にはタイル壁が使われていました。

 今回の工事では、この壁部分を壊さずバーの雰囲気

 作りに役立てることにしました。

 

 

 

 

施工後

 

間接照明を下部に設置したことで、バーとしての

雰囲気を醸し出すデザイン壁に変身しました☆

 

 

 

施工前

 

 以前棚として利用されていたスペースを使い、

 バーにピッタリなボトルラックを設置します。

 

 

 

施工後

 

 シックな雰囲気の木製棚にスポットライトを

当てて、雰囲気たっぷりの素敵なボトルラックが

完成しました☆

 

    

施工前

 

入り口側の蛍光灯も撤去してお店全体を暗めにし、

ショットバーに合わせた照明を設置していきます。

 

 
施工後

 

照明の位置を調整し、スポットライトを利用した

間接照明でお客様の手元が暗くなりすぎない様

工夫しました☆

 

 

 

 

 
 
担当者より

 

  「落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりとくつろいでいただきたい」とのご希望で、元々の店内を有効に利用しつつ

 シックなバーをイメージして施工しました。

 カウンター内の調理台上部にはLEDバーを設置し、お客様の視界に入らない所で調理等の作業性を

 高められるよう考えました。ゆっくりと座れる両ヒジ置付のチェアーは良いですね! 

                                                  担当:河本